保険ランキング
就職活動ランキング
管理人のプロフィールはこちら

路上横臥の事故について①

損保社員の仕事内容

僕が入社3~4年目のころ担当した事故で、非常に印象に残っている事故があります。

事故内容は、お客様(保険契約者)が、路上横臥(路上で横たわること)をしていた相手を轢いてしまったという事故。夜間に起きた事故で雨も降っていて、またお客様がトラックドライバーだったので横たわっている人が見えにくかったんですね。そして、相手が横たわっていた理由は、お酒を飲みすぎてしまったため。。相手様は即死でした。

運転者は死亡事故を起こすとほぼ間違いなく留置所へ送致されます。そこで警察の取り調べをうけるのですが、我々保険会社担当者も早く事故の詳細を聞きたいので面会に向かいます。面会した時の運転者は非常にやつれてて、

「まさか人が横たわっているなんて思わなくて…どうやったら避けられたんですかね。僕は今後どうなってしまうんですかね。とにかく家族と連絡がとりたい。」

と虚ろな目をして言っていたのを覚えています。

一方相手様は40代妻子ありの会社員の方で、ご両親と奥様にお会いした時は目が真っ赤にはれ上がっていました。そして「子供たちのためにも、少しで多くお金は頂きたい」と言われました。私が逆の立場だったら同じことを言ったと思います。

私自身、できる限りの補償をしてあげたいと思う反面、「夜間、路上横臥、泥酔状態」といった事情を鑑みると、お相手様にもかなりの過失割合が発生してしまいます。

こちらとしてできる限りの解決案を提示したのですが、過失割合がネックで、最終的には相手様に訴訟提起されました。

つづく


保険ランキング
タイトルとURLをコピーしました