保険ランキング
就職活動ランキング
管理人のプロフィールはこちら

(雑記)もうすぐ2月も終わりますね。コロナ禍について振り返ります。

コロナがいよいよやばいと思い始めたのは、丁度一年前くらいですねぇ。この一年を振り返ってみます。

損保業界とコロナ

我が損保業界はそこまで大きな影響は受けませんでした。むしろコロナにより株価が上がったので運用益は絶好調、外出自粛により自動車事故が減って収益アップ、今年は大規模災害が少なかったので火災保険も好調…と悪くない一年だったと思います。

働き方とコロナ

コロナ前は在宅勤務なんてしたことなかったし出張も高頻度であったけど、今となっては在宅勤務があたりまえとなり、出張の代わりにWEB会議となりました。おそらくこれはコロナが収まった後も続くんだろうな。

以前から在宅勤務という制度はあったんですけど、だれも実践する人はいなかった。それがコロナによってみんなが行うようになりました。

在宅勤務だと満員電車のストレスはないし、通勤時間がカットされて時間を有効に活用できるし、いいことづくめ。そして会社にとっても、オフィスが必要なくなるので、固定費(家賃)が削減できます。双方にとってもいいことですよね。

保険代理店とコロナ

保険って基本的に対面で契約を結ぶことが多いので、代理店はいろいろと苦労していると聞きます。電話でもできなくはないけど(更新手続きなら)、優秀な代理店は積極的に面談します。面談で話をして色々と情報を聞き出して、新たな保険を提案するんですよね。

僕が新人時代からかわいがってもらっている代理店のおっちゃんは、ZoomとTeamsを駆使してお客さんとコンタクトしてましたけど。変化に柔軟な人が生き残るんですね。

保険の売り上げとコロナ

コロナのせいで、医療保険や生命保険に加入しようとする人が増えているみたいですよ。わたくしに言わせるとアホだなぁ…としか思えませんが。

医療保険の保険料とコロナに罹患した場合に発生するコストをよく比較し、また国の補助制度もよく調べたうえで加入するか否か判断しましょう。

生保も掛け捨ての定期保険ならいいけど、運用機能付き(いわゆる低解約返戻金型終身保険)はNG。自分で運用するのと保険会社で運用するのと、どちらがコスパがいいかよく考えて加入しましょう。

つづく…かも

コメント

タイトルとURLをコピーしました